ヒゲ博士とナンセンス★マシーン in 北区-制作を担当しています

2019.1.21

今年もやってまいりました!
明和電機がお届けする親子で楽しめるメカニカルミュージカル
『ヒゲ博士とナンセンス★マシーン』
2019年のはじまりは北区から、制作でお手伝いさせていただきます。
TASKOは今年も明和電機を全力バックアップしてまいります!
ご来場をお待ちしております。

日時:2019年2月23日(土) 開場 13:30 開演14:00
会場:北とぴあ 北とぴあ つつじホール(東京都北区王子1丁目11−1 )
全席指定 

※全席 SOLD OUT!

料金:【一般】大人 2,800円(当日 3,000円)子ども 1,500円(当日2,000円)
【メンバーズ割引】大人 2,200円 子ども 1,000円
【北区民割引】大人 2,200円 子ども 1,000円
※東京都北区にお住まいの方は、割引価格で購入できます(お一人様4枚まで)。割引価格での販売は、北とぴあ1階チケット売場のみ。北区在住を確認できるもの(免許証、保険証など)をご提示ください。

※託児サービス(2歳以上の未就学児、1人2,000円)をご希望の方は発売日より2/15(金)までに、イベント託児・マザーズ0120-788-222(平日10:00~17:00)へお申込みください(※定員に達した場合、早めに締め切る場合もございます)。
※0歳から入場可。2歳以下は保護者の膝上鑑賞に限り無料(推奨年齢3歳以上)


公演詳細> https://kitabunka.or.jp/event/1588/

『サンガツ@WWW』―公演の企画・制作を担当しています

2019.1.9

お久しぶり、東京。

4つのドラムと2つのギターと1つのベース。
結成21年、7ピースバンド編成で送る、5年ぶりとなる完全新作の東京公演。
世界各地で演奏を重ねてきたサンガツの音楽の現在地へ、いまこそ、ようこそ。

2019年1月23日、バンド結成から21年を迎えたサンガツによる5年ぶりの東京公演を行います。
TASKO美術制作部は、本公演の企画・制作を担当しています。

サンガツは2013年6月の北京・蓬蒿劇場での公演を皮切りに、ドイツ・韓国・台湾・上海・北京など海外各都市のライブハウス、美術館、劇場など様々な場所で公演を積極的に行ってきました。そこでは単なるバンド演奏の枠を超えて非音楽家のワークショップ参加者による音楽公演や、ワークショップとツアーパフォーマンスを掛け合わせたプログラムなど、より開かれた音楽の形を模索。その中で「音楽と人とをつくるもの」の関係性について考え重ねてきた、思考と実践の集大成となる公演です。
それが4ドラム、2ギター、1ベースという編成のバンドによってどのような体験になるのか。
ぜひ、ご来場ください。

日時|2019年1月23日(水) Open 19:00 / Start 20:00
会場|WWW
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
https://www-shibuya.jp/schedule/009653.php
料金|前売り ¥4,000 / 当日 ¥4,500(税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)

チケット発売中!
▶チケットぴあ [P: 136-147]
http://t.pia.jp/ ※電話予約あり: 0570-02-9999
▶ローソンチケット [L: 76073]
http://l-tike.com/
▶e+ http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002279424P0030001
お問合せ|WWW 03-5458-7685


サンガツ Sangatsu
1997年に東京で結成。ジム・オルークのプロデュースによる『サンガツ』でデビュー。
音楽の枠にとらわれない、広く音を使った表現を創造することを目的に設立。
演劇・ダンス・映画等、他ジャンルとのコラボレーションも多数。
映画・舞台作品への楽曲提供、音が鳴らされるための仕組みやルール(プラットホーム)を作品として提示する新プロジェクト”Catch and Throw”の発表、2012年以降に発表する作品に関しての今後5年間における著作権放棄など、楽曲とリスナーの関係についてフォーカスした活動が注目を集める。
2013年6月の北京・蓬蒿劇場での公演を皮切りに、ドイツ・韓国・台湾等で海外公演を行う。
18年春、中国での上海・北京ツアーを行う。ライブハウス、美術館、劇場と、各地の空間を取り込んだパフォーマンスを観客と共有した。
近年は、ワークショップに注力し、非音楽家のワークショップ参加者による音楽公演や、ワークショップとツアーパフォーマンスを掛け合わせた公演等、より開かれた音楽の形を模索している。

http://sangatsu.com/ >>>ウェブサイトリニューアルしました。

天竺鼠克己Maenomeri展のディレクションと制作を担当しました!

2019.1.6

人気お笑い芸人・天竺鼠の川原克己による展示イベント
『天竺鼠川原克己Maenomeri展~みなさんの前のめりを卵とじにします~』が
有楽町マルイで開催!TASKOは展覧会のディレクションと制作を担当しました。

その独特な世界観で著名人からコアなお笑いファンまでカリスマ的な支持を受け、
ツイッターフォロワー55万人を誇る芸人「天竺鼠 川原」が過去最大級の展覧会。
川原自身がアートディレクターとしてデザインする会場内には、自身が描いた
イラストの原画展示、過去使用したコント小道具の展示、被りものの数々を来場者が
実際その場で被り写真撮影ができるスポットも設置しています。
会期中、イベントスペースでは川原とゲストによる「トークイベント」など
様々な催しも開催。オリジナルグッズの販売や、1月中旬発売予定の川原初の
絵本作品「ららら」の先行販売!展覧会会期は、1月14日まで!
お近くの際は、ぜひお立ち寄りください。


[アーティストプロフィール]
天竺鼠 川原克己
大阪NSC26期生。2003年瀬下豊と天竺鼠を結成。
キングオブコント2008・2009・2013ファイナリスト。
コントでも使用する独特なキャラクターのイラストに定評があり、
オリジナルLINEスタンプや著書『天竺鼠川原のひとことぬりえ』が好評発売中。
今回の『Maenomeri展』が自身初の大規模展覧会となる。

◆イベントスケジュールなど詳細情報はこちら!
>>公式サイト:http://kawaharakatsumi-art.com/



【開催概要】
『天竺鼠川原克己Maenomeri展~みなさんの前のめりを卵とじにします~』
日時:2018年12月29日(土)~2019年1月14日(月・祝)
時間:11:00~21:00、(日・祝)は10:30~20:30
日最終入場は閉店の30分前まで。
会場:有楽町マルイ 8階イベントスペース
  (住所:東京都千代田区有楽町2-7-1)
チケット:オリジナルグッズ付き前売り入場券 1,000円(税込)
     前売り入場券&当日入場券ともに500円(税込)
 チケットよしもとにて11月16日(金)10:00より販売
※当日券は会場のみで販売
※グッズ付き及び通常前売り入場券の購入は12月28日(金)23:59までとなります。
※形、絵柄は変更になる可能性があります。
※絵柄はご希望のものをお選び頂けない可能性がございます。
※未就学児童入場無料(小学生以上から入場券が必要です)車椅子での入場可。

「HiiGa-ONE」が米国CES2019に出展します!

2018.12.28

TASKOで開発した次世代型筋力トレーナー「HiiGa-ONE」が、米国ラスベガスで開催される世界最大の家電ショーCES(Consumer Electronics Show)2019に出展します。
「HiiGa-ONE」は”NO ASSIST, NO PLATE, NO DANGER, NO GRAVITY”
パーソナルトレーナー比嘉一雄氏の科学的トレーニングをIT活用で自動化。
独自メソッドによって超短時間で最大の筋トレ効果を実現します(NO COMPROMISE)。
無重力の宇宙でも、誰もが自動で最適負荷トレーニングできるマシンです。

TASKOは、トレーニングマシンのデザインから機構設計および製作と、
プログラム開発、VI作成からウェブサイト、体験演出から展示まで全面的に担当しております。

HiiGa-ONE公式サイト:https://hiiga.net/

【CES2019概要 および ATL出展情報】
出展期間     : 2019年1月8日(火)~11日(金)
CES公式サイト: http://www.ces.tech/
ATL出展ゾーン : JAPAN TECH project 51653番地