GYRE GALLERY『ドヴァランス・デザインのコモンセンス』展 ー 施工を担当

2021.12.22

撮影:幸田森

 

アート、建築、デザイン、文学、映画、音楽などの幅広いジャンルで活躍しているクリエーターと、
各ジャンルの領域に止まらないコンセプトと方法論によって展覧会を発信しているジャイル・ギャラリー。
今回の展覧会では、パリを拠点として現代アート、建築、演劇など芸術文化のグラフィックデザインを手がけるクリエイティブ・スタジオ、deValence (ドヴァランス) の過去から最新のプロジェクトまでを紹介しています。

会場構成を担当した建築家・梅澤竜也氏は、ドヴァランスのデザインに合わせ、目を引く珍しい素材ではなく一般流通材料で空間を構成。メインスペースでは、内装工事で使われるLGS(軽量鉄骨)を壁面に斜めにとりつけ、21枚の異なるサイズのポスターがリズミカルに連続して展示されています。
TASKOはメインスペースの施工を担当しました。

会期は2月13日まで、入場無料ですのでお近くの際はぜひお立ち寄り下さい。

 

  

      

 

【開催概要】
「ドヴァランス_デザインのコモンセンス」展
主催 GYRE
会期 2021年 12月 10日(金)- 2022年 2月 13日(日)
会場 GYRE GALLERY
東京都渋谷区神宮前 5-10-1 GYRE 3F
Tel.03-3498-6990
休館日 不定休
(休館日:12月31日、2022年1月1日。2022年1月2日は13:00 OPEN)
企画 飯田高誉(スクールデレック芸術社会学研究所所長)
会場設計 梅澤竜也(ALA INC.)
助成 アンスティチュ・フランセ パリ本部 / 笹川日仏財団
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

詳細は、公式webサイトをご確認ください。
https://gyre-omotesando.com/artandgallery/devalence-pre/

 

【STAFF】
会場施工:田部井勝、佐藤えりか、田井地直己(TASKOinc.プロデュース部)、
加藤夏帆(TASKO inc.制作部)、吉良穂乃香(TASKO inc.制作部)、久冨侑理子

「PLAY! PARK ERIC CARLE」ピタゴラ装置・はらぺこあおむし装置製作

2021.12.28


<撮影:TASKO>
この秋にオープンした二子玉川の新名所「PLAY! PARK ERIC CARLE」内の大型コンテンツ製作を設計制作部が担当いたしました。

「PLAY! PARK ERIC CARLE」は、「はらぺこあおむし」でお馴染みのおなじみの絵本作家・エリックカールの描く世界観をモチーフとした屋内テーマパークです。パーク内には緑の迷路、ディスカバリーゾーン、アスレチック、オートマタ(からくり人形)などの様々なブースや展示物があり、TASKOはその中の2コンテンツを製作しています。

「ピタゴラ装置」
リフトで玉を上げてレール上を転がす、いわゆるボールコースターです。
見上げる高さの装置を3ゾーンに分けて、3つの絵本をモチーフとしたギミックがそれぞれ散りばめられています。
ボールの投入口の設けてあり、体験者の参加が可能となっています。

「はらぺこあおむし装置」
斜面をはらぺこあおむしのように下っていく装置の軌跡をたどって「はらぺこあおむし」のストーリーを追体験するコンテンツとなっています。
装置は絵本どうりに最後には丸々と太り、そして繭から蝶へと変身します。

**
基本的には幼児〜小学生あたりのお子様を対象としてはいますが、大人が体験しても楽しめる施設となっております。
機会がありましたらぜひご体験ください!

*Internet Museum様の動画より引用

【展示概要】
住所:〒158-0094 東京都世田谷区玉川2丁目21−1
場所:二子玉川ライズ・ショッピングセンター タウンフロント8階
日程:2021年11月12日〜常設
休日:無休(詳細は公式HPをご確認ください)
時間:<第1部>10:30ー12:30 <第2部>13:30ー15:30 <第3部>16:30ー20:00
入場:事前予約チケット制(下記HPよりご確認ください)
公式HP:https://www.playec.jp

【STAFF】
デザイン・プランニング:青木貴之(貴デザイン)
プランニング・尺取虫機構製作:岡本香音

プランニング:KIMURA(設計制作部)
TD・什器設計製作・設営:工藤幸平(設計制作部)
機構設計製作・設営:佐藤方紀、坂田亮一(設計制作部)
製作:寺田鵬弘、大村美桜、中村祐哉、利根康平、長原聡磨、千葉一磨(設計制作部)

ピタゴラレール・ギミック製作・設営:永瀬亮平
什器・美術要素製作:ひまわり
機構設計製作:ギャジット

さいたまゴールド・シアター最終公演『水の駅』 ー 制作助手を担当

2021.12.27


12月19日から彩の国さいたま芸術劇場では、さいたまゴールド・シアター最終公演『水の駅』を上演します。
TASKO制作部は、本公演の制作助手を担当しています。

さいたまゴールド・シアターは、2006年に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督だった蜷川幸雄により、
立ち上げられた高齢者劇団。発足して以来、さいたまゴールド・シアターは、プロの俳優とは異なる生活者としての存在感を武器に、人生のリアルを背負って舞台に立ち続けてきました。

結成から15年が経ち、今年8月に解散を発表したゴールド・シアターの最終公演は、気鋭の演出家・杉原邦生氏を迎えて、転形劇場を率いた太田省吾氏の代表作の一つである沈黙劇『水の駅』を上演します。

さいたまゴールド・シアター渾身のラスト公演にどうぞご期待ください。

 


【開催概要】
公演日時:2021年12月19日(日)~26日(日)<全7回>
※開場は開演の30分前
上演時間:120分
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

作:太田省吾
構成・美術・演出:杉原邦生
出演:石井菖子 石川佳代 大串三和子 小渕光世 上村正子 北澤雅章
佐藤禮子 田内一子 髙橋 清 滝澤多江 竹居正武 谷川美枝
田村律子 都村敏子 遠山陽一 林田惠子 百元夏繪 渡邉杏奴
/井上向日葵/小田 豊
主催・企画・制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

チケット:【全席指定】 一般 4,500円/U-25 3,000円/メンバーズ 4,000円

詳細は、公式webサイトをご確認ください。
https://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/91502/

POLA「Care for Dear Coaster」

2021.12.1

<撮影:博展>
化粧品メーカーPOLAの旗艦店「POLA GINZA」にて公開されていたインタラクティブコンテンツの製作にTASKO設計制作部が参加しました。
*展示は終了しています。

本作品はPOLA社の創業時から受け継がれている“大切な人を想う気持ち”をコンセプトにした体感イベント「Care for Dear -大切な人へ、想いを届けよう-」内に設置された「Care for Dear Coaster」というボールコースターです。
1滴の雫に見立てられたボールが創業者の想いをテーマとしたポーラストーリーに沿って進み、最後にはそれが保湿クリームのテスターとなって体験者の手に渡ります。
テスターは2つ入っており、1つはメッセージカードと共に体験者の知人の方へ送れるようになっています。
一人ひとりが大切な人を想うことで、あたたかな温もりや人とのつながりを感じられるような体験をお届けしました。 

【展示概要】
期間:2021年9月18日(土)~11月17日(水)*展示は終了しています。
場所:POLA GINZA
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目7−7
公式HP:https://www.pola.co.jp/store/polaginza/carefordear/index.html

【STAFF】
クライアント:POLA
制作・デザイン:博展

TD・プログラミング・設営:沖山良太(設計制作部)
機構設計・製作・設営:林民夫、佐藤方紀、渡辺華代(設計制作部)
製作:長原聡磨、植松七海、千葉一磨(設計制作部)

機構設計:ギャジット
美術装飾:グレイ美術