『Higatrec』CES出展しています@ラスベガス

2020.1.10

Higatrec

TASKOが開発・デザインを担当した、All You Need Is社の次世代型筋力トレーナー「Higatrec(ヒガトレック)」が
米国ラスベガスで開催される世界最大の家電ショーCES(Consumer Electronics Show)2020に出展しています。
また、約5,000の出展ブースの中から限られたプロダクトのみに与えられるイノベーションアウォード賞を受賞しました。

■出展情報
イベント名:CES2020
会場:Sands Expo Convention Center
    201 Sands Avenue, Las Vegas, NV 89169
ブース番号:Eureka Park 53102 (JAPAN EXPOエリア内)

Higatrecはパーソナルトレーナー比嘉一雄氏の科学的トレーニングをIT活用で自動化した、
荷重可変可能な重量プレートが無いトレーニングマシンです。

TASKOは、このHigatrecの筐体デザインから機構設計および製作・VI、まで幅広く担当しています。
Higatrec公式サイト:https://higatrec.com

新年のご挨拶

2020.1.1

2020年年賀状

新年あけましておめでとうございます。
動く年賀状「TASKO集合写真2020」にて新年のご挨拶です!
本年もTASKOをどうぞよろしくお願いいたします。

TASKOスタッフ一同

「北欧、暮らしの道具店」オリジナルドラマ『ひとりごとエプロン』ー美術を担当

2020.1.8

WEBショップサイト「北欧、暮らしの道具店」が企画する
オリジナルドラマシリーズの2作目『ひとりごとエプロン』が公開しました。
美術制作部は、『ひとりごとエプロン』全話の美術を担当しました。
約7分間のショートドラマになっている本作品は、順次公開予定です。

【ストーリー】
朝8時に家を出て、夜6時に帰ってくる。そんな、ルーティンな日々を過ごす26歳OLの林夏希。普段はスーツに身を包む彼女も、家に帰ってくればそこは彼女のお城。学生時代から収集してきた雑貨類に囲まれ、2DKの団地に住んでいる。そんな彼女の日課は、音楽を聴きながら晩御飯を作ること。レシピは全て頭の中。その日の出来事、気になるもの、懐かしい思い出。頭に浮かんだものを、そのままリズミカルに料理にしていく。ひとりごとをつぶやきながら、音楽に身を任せ、今日も新しいレシピが生まれていく。

公式サイト:https://hokuohkurashi.com/note/196380

◎第1話『さらりとしない、じゃがいもグラタン』
「やっぱり、春まで待てばよかった。」帰宅早々、落ち込む夏希。
不穏な空模様を見ないふりし、一目惚れした革靴を履いて出かけたが、
案の定雨に降られてしまったのだ。
水を拭き取り、シミにならないように願掛けしたあと、
自分も濡れて冷えてしまっていることに気がつく。
「こんな日は、何か温かいものが食べたい。」
カラフルなエプロンに身を包み、夏希はキッチンへ向かう。
今日の料理は……グラタン。

◎第2話・『千切り野菜の、春だけじゃない春巻』
友達と遊びにでかけた帰り道、見知らぬ男の人に声をかけられた夏希。突然の「ナンパ」から逃げ帰ると、辞書で「ナンパ」と引いた後、廊下に置かれた「お母さん便」から野菜を取り出し、カウンターに並べて対峙する。こんなときに落ち着くため、彼女は決まってやることがあるのだ。今日の料理は……春巻にしよう。

[CAST]キャスト:松本 妃代/[STAFF]監督・撮影:杉山 弘樹/照明:染谷 昭浩/録音:桐山 裕行/美術:加藤 小雪(TASKO inc.美術制作事業部)/美術アシスタント:加賀谷 静(TASKO inc.美術制作事業部)、北澤岳雄(TASKO inc.美術制作事業部)/
フード:瀬戸口 しおり/ヘアメイク:URI/スタイリスト:新関 陽香/挿入歌:クラムボン「Lush Life!」/脚本:山科 有於良/
制作:THINKR/企画:株式会社クラシコム/製作:KURASHI&Trips PUBLISHING

ジブリの大博覧会 巡回展(岩手展)

2019.12.6

TASKOは浮かぶ巨大飛行船の機械演出パートで参加している「ジブリの大博覧会」。

飛行船のお披露目は巡回3箇所目の六本木ヒルズ展からでしたが、その後も全国を巡回し続け、海外展示の韓国展も含めると9箇所を巡って大好評を博してきた本展覧会も現在公開中の岩手展が最終回となります。
六本木展の飛行船はもちろんのこと、大分展より加わったタイガーモス号(TASKOは機械パートを担当)、福岡展より加わった王蟲の世界展など、巡回するごとにアップデートを重ねた最終版となる本展は、過去に一度ご覧になられた方にも改めて体験いただきたい、更に充実した内容となっております。
膨大な人員と展示物がサーカスのように都市を巡ったこの大規模巡回。締めくくりとなる最後の岩手展、ぜひご覧ください!

*画像は長崎展、動画は大分展のものです。(撮影:TASKO)

【ジブリの大博覧会 岩手展 開催概要】*詳細は公式HPをご確認ください。
住所:〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
会場:岩手県立美術館
電話:019-658-1711
会期:2019年11月30日(日)~2020年2月16日(日)
時間:9:30~18:00
料金:一般 1,200円 ・高校生・学生700円 ・小学生・中学生:400円
休館:月曜日(但し1月13日、2月10日は開館)、12月30日(月)~1月1日(水)
公式HP:https://www.tvi.jp/50th/ghibli/

【巡回展Credit】
TD・メンテナンス・設営:林立夫(設計制作部)
メンテナンス・演出制御・設営:堀尾寛太(ponoor experiments inc.)、沖山良太(設計制作部)
メンテナンス・設営:工藤幸平(設計制作部)、平林慎
【ジブリの大博覧会 開催歴】
2019.11.30 - 2020.02.16 岩手県立美術館 企画展示室
2019.07.13 - 2019.09.08 沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)
2019.03.15 - 2019.06.23 福岡市博物館
2018.12.08 - 2019.02.24 富山市ガラス美術館
2018.07.21 - 2018.09.24 広島県立美術館
2018.04.07 - 2018.07.01 兵庫県立美術館
2017.12.05 - 2018.03.02 世宗文化会館(韓国、ソウル)
2017.07.07 - 2017.09.03 大分県立美術館
2017.04.15 - 2017.06.25 長崎歴史文化博物館
2016.07.07 - 2016.09.11 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
2016.03.05 - 2016.05.15 新潟県立近代美術館
2015.09.12 - 2015.11.08 愛・地球博記念公園