資生堂銀座ビルウィンドウディスプレイ「Wording from Shinzo Fukuhara」

2019.2.13

昨年の秋に引き続いて製作を担当した資生堂銀座ビル1Fのウインドウディスプレイが現在公開中です。

本作は資生堂初代社長、福原信三氏の言葉を用いたディスプレイ展示です。
写真家としても大きな功績を残し、経営者であると同時に文化人/芸術家の側面も併せ持っていた福原氏の、哲学とも言える美意識は資生堂の活動に今も大きな影響を与えています。
今回は氏が残した美や写真に関する145万字にも及ぶ膨大なテキストの中から抜粋した文言を、LEDディスプレイやレーザー加工、コンピューター制御といった現代の手法を用いて表示するインスタレーションとなっています。氏の言葉を意味するフキダシ状什器へと投影されたテキストが、絶えず色や動きや表示を変えて展開します。
紙やプリントといった従来の方法とは一風変わった、テキストの新しい表現をお楽しみください。


【展示概要】
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目5-5
場所:資生堂 銀座ビル1階 ウィンドウディスプレイ
期間:2019年1月15日~3月下旬(未定) *土日祝日・また資生堂銀座ビルの休館日は停止

【STUFF】
アートディレクター:丸橋桂(資生堂)

TD、プランニング、機構設計製作、施工:KIMURA(TASKO Inc. 設計制作部)
プランニング、什器設計製作、施工:工藤幸平(TASKO Inc. 設計制作部)
デバイス設計製作:沖山良太(TASKO Inc. 設計制作部)
プログラミング、演出、施工:白井大地(株式会社アカリ)
製作、施工:井手優介(TASKO Inc. 設計制作部)、田部井勝
製作:坂田亮一、猪又亮、鈴木健太、長原聡磨、利根康平、佐藤茉莉香(TASKO Inc. 設計制作部)
   北澤岳夫、加藤小雪、加賀谷静(TASKO Inc. 美術制作部)
   山崎裕可里(TASKO Inc. デザイン&ウェブ制作部)
   高橋亜美(TASKO Inc. 舞台制作部)
   小柴一浩(コシバ食堂)、新関陽香

「オトノバ 音を体感するまなび場」が審査委員会奨励賞を受賞しました!

2019.1.26

2017年夏に開催した展覧会、ICC キッズ・プログラム2017「オトノバ 音を体感するまなび場」が、
文部科学省 平成30年度「青少年の体験活動推進企業表彰」の審査委員会奨励賞(大企業部門)を受賞しました。
この賞は、毎年、社会貢献活動の一環として青少年の体験活動に関する
優れた実践をしている企業に贈られています。
本展覧会「オトノバ 音を体感するまなび場」に、TASKOが設計・製作を担当した
『パフューマリー・オルガン』を出展しました。会期中では、コンサートやワークショップなど、
参加者と一緒に音と香りの関係性を五感を使って体験できるイベントを実施しています。

▶︎文部科学省 平成30年度「青少年の体験活動推進企業表彰」概要ページ
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/01/1412747.htm

【展覧会概要】
会期:2017年7月15日(土)—8月31日(木)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA
入場料:無料
▶︎ICC キッズ・プログラム2017「オトノバ 音を体感するまなび場」展覧会概要ページ
http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2017/icc-kids-program-2017-oto-no-ba-sound-digging-with-the-senses/

ヒゲ博士とナンセンス★マシーン in 北区-制作を担当しています

2019.1.21

今年もやってまいりました!
明和電機がお届けする親子で楽しめるメカニカルミュージカル
『ヒゲ博士とナンセンス★マシーン』
2019年のはじまりは北区から、制作でお手伝いさせていただきます。
TASKOは今年も明和電機を全力バックアップしてまいります!
ご来場をお待ちしております。

日時:2019年2月23日(土) 開場 13:30 開演14:00
会場:北とぴあ 北とぴあ つつじホール(東京都北区王子1丁目11−1 )
全席指定 

※全席 SOLD OUT!

料金:【一般】大人 2,800円(当日 3,000円)子ども 1,500円(当日2,000円)
【メンバーズ割引】大人 2,200円 子ども 1,000円
【北区民割引】大人 2,200円 子ども 1,000円
※東京都北区にお住まいの方は、割引価格で購入できます(お一人様4枚まで)。割引価格での販売は、北とぴあ1階チケット売場のみ。北区在住を確認できるもの(免許証、保険証など)をご提示ください。

※託児サービス(2歳以上の未就学児、1人2,000円)をご希望の方は発売日より2/15(金)までに、イベント託児・マザーズ0120-788-222(平日10:00~17:00)へお申込みください(※定員に達した場合、早めに締め切る場合もございます)。
※0歳から入場可。2歳以下は保護者の膝上鑑賞に限り無料(推奨年齢3歳以上)


公演詳細> https://kitabunka.or.jp/event/1588/

『サンガツ@WWW』―公演の企画・制作を担当しています

2019.1.9

お久しぶり、東京。

4つのドラムと2つのギターと1つのベース。
結成21年、7ピースバンド編成で送る、5年ぶりとなる完全新作の東京公演。
世界各地で演奏を重ねてきたサンガツの音楽の現在地へ、いまこそ、ようこそ。

2019年1月23日、バンド結成から21年を迎えたサンガツによる5年ぶりの東京公演を行います。
TASKO美術制作部は、本公演の企画・制作を担当しています。

サンガツは2013年6月の北京・蓬蒿劇場での公演を皮切りに、ドイツ・韓国・台湾・上海・北京など海外各都市のライブハウス、美術館、劇場など様々な場所で公演を積極的に行ってきました。そこでは単なるバンド演奏の枠を超えて非音楽家のワークショップ参加者による音楽公演や、ワークショップとツアーパフォーマンスを掛け合わせたプログラムなど、より開かれた音楽の形を模索。その中で「音楽と人とをつくるもの」の関係性について考え重ねてきた、思考と実践の集大成となる公演です。
それが4ドラム、2ギター、1ベースという編成のバンドによってどのような体験になるのか。
ぜひ、ご来場ください。

日時|2019年1月23日(水) Open 19:00 / Start 20:00
会場|WWW
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル地下
https://www-shibuya.jp/schedule/009653.php
料金|前売り ¥4,000 / 当日 ¥4,500(税込 / オールスタンディング / ドリンク代別)

チケット発売中!
▶チケットぴあ [P: 136-147]
http://t.pia.jp/ ※電話予約あり: 0570-02-9999
▶ローソンチケット [L: 76073]
http://l-tike.com/
▶e+ http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002279424P0030001
お問合せ|WWW 03-5458-7685


サンガツ Sangatsu
1997年に東京で結成。ジム・オルークのプロデュースによる『サンガツ』でデビュー。
音楽の枠にとらわれない、広く音を使った表現を創造することを目的に設立。
演劇・ダンス・映画等、他ジャンルとのコラボレーションも多数。
映画・舞台作品への楽曲提供、音が鳴らされるための仕組みやルール(プラットホーム)を作品として提示する新プロジェクト”Catch and Throw”の発表、2012年以降に発表する作品に関しての今後5年間における著作権放棄など、楽曲とリスナーの関係についてフォーカスした活動が注目を集める。
2013年6月の北京・蓬蒿劇場での公演を皮切りに、ドイツ・韓国・台湾等で海外公演を行う。
18年春、中国での上海・北京ツアーを行う。ライブハウス、美術館、劇場と、各地の空間を取り込んだパフォーマンスを観客と共有した。
近年は、ワークショップに注力し、非音楽家のワークショップ参加者による音楽公演や、ワークショップとツアーパフォーマンスを掛け合わせた公演等、より開かれた音楽の形を模索している。

http://sangatsu.com/ >>>ウェブサイトリニューアルしました。