札幌国際芸術祭2017に『札幌ループライン』を出展

2017.8.2

2017年2月に、さっぽろ雪まつりに出展した『札幌ループライン』。
岸野雄一さん監修のもと、クワクボリョウタさんに技術協力をいただき、
TASKOが製作した本作品は、ライブで作り出す影の風景を大雪像に投影し、
海藻姉妹の情緒あふれる楽曲が寄り添うという、大変ロマンチックなものでした

そんな本作が、札幌国際芸術祭に出展決定!!
今回は雪の大地から、緑あふれる夏の札幌へ!

大通り公園沿いの地下ギャラリーに会場を変えて、
前回よりもより作品の醍醐味を味わっていただける展示になっていますので、
ぜひこの夏休みは、芸術祭と札幌ループラインを楽しみに、
涼やかな札幌にお越しください。

【開催概要】
札幌国際芸術祭2017
『札幌ループライン』
期間|8月6日(日) – 10月1日(日)
時間|11:00 – 18:00
会場|大通会場 / CAI02
〒064-0821 北海道札幌市中央区北1条西28丁目2-5

休館日|月曜 ※ 8/7(月)、9/18(月・祝)は開館
▶詳細は札幌国際芸術祭HPから

ICCキッズ・プログロム2017「オトノバ」にパフューマリー・オルガンを出展

2017.8.1

 

パフューマリー・オルガン復活!!

毎年夏にNTTインターコミュニケーションセンター(ICC)で開催されている、ICCキッズ・プログラムに、

パフューマリー・オルガンせいさくプロジェクトとして、TASKOが参加しています。

19世紀のイギリスの化学者であり調香師のセプティマス・ピエス(Septimus Piesse)が提唱した、

香りの記述方法「香階」に着目し、世界初の香楽器《パフューマリー・オルガン》として2015年に製作した作品を、
今回の展覧会のためにリクリエイションを行いました。

オルガンを弾くと、音とともに香階に基づいた香りが奏でられるこのオルガン。
香りの原料の展示も行い、体験しながら構造を理解してもらえるように工夫を凝らしました。
150年の時を経て、ロマンスとエンジニアリングが作り出した作品をぜひ体験しに来てください!

【開催概要】
会期|2017年7月15日(土)—8月31日(木)
会場|NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA
開館時間|午前11時—午後6時
休館日|月曜日(月曜が祝日の場合翌日),保守点検日(8月6日[日])
入場料|無料

アクセス|
NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
住所:〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
アクセス:京王新線初台駅東口から徒歩2分

関連イベント|
7月23日(日)
「音楽と香楽,香りの音楽会」
7月29日(土)
「音と香りの実験ワークショップ」

NTTインターコミュニケーションセンター ホームページ
■過去特集記事

 

TASKO初個展!!『TASKO奇想工具箱』を中国で開催!!

2017.7.4

業界騒然のニューものづくり工場TASKO、初の習作展がまさかの海外で開催決定!!
会場はなんといま大きな盛り上がりを見せている中国・深圳です。

タイトルは『TASKO奇想工具箱』
本展覧会では、これまでに製作してきた様々な「TASKOのしごと」を見ることができます。

TASKOのテクノロジーを世界に発信する記念すべき第1回目の展覧会!

お近くの方はぜひこの機会にご来場下さい。

《開催概要》

タイトル|TASKO奇想工具箱

会期|2017年7月8日(土)〜9月17日(日)

会館時間|13:00~21:00 月曜休館

会場|深圳ソフトウェアパーク

住所|深圳市龍崗区大運軟件小鎮Stellar Course媒体芸術中心

イベント|

7月8日(土)15:00〜 オープン式・アートトーク 

7月9日(日)14:00〜/16:30〜 ワークショップ

URL|http://www.stellarcourse.net/events/news/tasko-exhibition

 

主催:Stellar Course Arts  Centralcon Group(中洲グループ)

協賛:思路飞扬(思路飛揚。ソフトウェアパーク運営会社の一つ)

後援:香港中文大学深圳机器人与智能制造研究院(香港中文大学ロボートとアイエムエス研究院)

深圳大学龙岗创新研究院(深セン大学龍崗研究院)

大运软件小镇(大運ソフトウェアパーク)

广州美术学院跨媒体工作室(広州美術学院メディアミックススタジオ)

UFO媒体实验室(UFOメディアラボ)

 

ESTEE LAUDER Twitterキャンペーンーグラフィックを担当

2017.7.4


ESTEE LAUDERのTwitterキャンペーン『#ダブルウェアの出番』シリーズで、
グラフィックスタイリングを美術制作部・加藤小雪が担当しています。
一般的にプロップスタイリストといわれるこの仕事は、写真に映るものや背景、配置を担当します。

今回は、夏のさまざまなシーンを、明るくポップに表現した作品が公式HPやTwitterで展開されています。

▶▶エスティーローダー公式ツイッター
▶▶▶キャンペーンの詳細はこちら