『正しい数の数え方』高知初上陸!!

2017.4.21

 

第19回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門で大賞を受賞した、『正しい数の数え方』の再演決定!
目指すは初上陸の高知です!!
TASKOでは美術制作部と舞台制作部が参加しております!

演劇+ライブ+アニメーション+人形劇×インタラクティブ!?
アナログな手法とデジタル・テクノロジーが融合した、大人も子供も楽しめる、
奇想天外の時空冒険ミュージカルを体験しに劇場へ!
みなさまのご来場をお待ちしております。

ーー

日時|2017年4月23日(日)*2回公演
①14:30開演(14:00開場)、②17:00開演(16:30開場)
会場|高知県立県民文化ホール・グリーンホール
チケット|全席自由
【一般】2,000円(当日:2,500円)
【高校生以下】 1,000円(当日:1,500円)
※3歳未満無料(座席希望の場合は有料)

ご予約|販売所:高知県立県民文化ホール、高新プレイガイド、高知大丸プレイガイド
ローソンチケット(Lコード:61458)

主催|高知県立県民文化ホール、さんさんテレビ
後援|高知県教育委員会、高知市教育委員会、高知県小中学校PTA連合会
高知県保育所経営管理協議会、高知県私立幼稚園連合会、高知県国公立幼稚園・こども園会(順不同)

お問い合わせ|高知県立県民文化ホール TEL 088-824-5321(9:00~17:00)

創立5周年記念!TASKOアプリ期間限定無料配布開始!!

2017.4.7

Screen-Shot-2016-08-19-at-3.26.18-PM 2

Qosmo, Inc.とTASKOの共同開発による、ものづくりをする人たちのためにリリースされたアプリ、
TASKO APPS mm/sec” , “TASKO APPS RPM”が、TASKO創立5周年を記念して…
なんと期間限定無料配布が決定!!期間は4月9日(日)〜4月15日(土)!!感覚と数値が繋がる時の快感は格別です。
ぜひこの機会に体感してください!

【TASKO APPS RPM】
【TASKO APPS mm/sec】

 

アプリの詳しい情報はこちらから!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ものづくりの世界では「勘どころ」が重要ですが、素材や部品・工作機械は全て「数値」が基本。

感覚やイメージがあっても、それを数値に置き換えるのは難しいですよね。
そこで、各数値を視覚化して、よりフィジカルな工作を実現するためのアプリを考案!
(TASKO Inc. × Qosmo, Inc. 共同開発)このアプリは、数値を直感的な動きやビジュアルに置き換え、部品選定の補助、機械工学学習に役立ちます。
さあ、TASKO APPSと共に、より感覚的な工作を楽しもう!

 

◼︎TASKO APP mm/sec – 速さを視覚化

入力数値に合わせてボールの移動速度が変化します。
数値入力モードで、正確な速度の指定や単位変換が可能です。
逆引きモードで、感覚的な「このくらい」を視覚・数値化することも可能です。

◼︎TASKO APP RPM – 回転数を視覚化

入力数値に合わせて回転数が変化します。
数値入力モードで、正確な速度の指定や単位変換が可能です。
逆引きモードで、感覚的な「このくらい」を視覚・数値化することも可能です。

==
Qosmo Inc.
2009年設立。高度で幅広いプログラミング力とサウンドデザインの知見をあわせ持つ。
テクノロジーと音の介在によって何気ない日常に非日常を持ち込み、新しい気づきや視点をもたらすモノ作りを目指す。
社名 -コズモ- は「宇宙の秩序」と「純真な花」、両極端の意味を持つ単語「コスモス」に由来する。
公式サイト http://www.qosmo.jp/
*

WORK/PROJECT NAME: “TASKO APPS”
PROJECT/PRODUCTION: TASKO Inc. + Qosmo Inc.
TASKO APPS 公式サイト: http://apps.tasko.jp/
LINK: TASKO 公式アプリ「TASKO APPS」を Qosmo Inc.と共同開発中です。

adidas 渋谷店 climachillディスプレイ装置制作に設計制作部が参加しました。

2017.4.5

スポーツウェアブランド「adidas」の店舗ディスプレイ装置制作に設計制作部が参加しました。

アディダス史上かつてない快適性を実現した新トレーニングウェアライン、
「クライマチル」用に専用開発されたこの装置で設計制作部が担当したのは、
什器土台と電飾デバイスの設計制作、そして光を制御するプログラミングパート。

商品周囲に弊社オリジナルのプログラマブルLED導光板を配置し、
まるで立体ホログラムの様に空間に投影された色や光によって、
「どんな暑いコンディションでも、さらっと涼しく。」をコンセプトとした
クライマチルの通気性や吸汗速乾性を視覚的に表現します。

電飾のプログラミングも自社で行ったという本作品は、
設計制作部としてもかなり意欲的な内容となりました。

アディダスブランドコアストア渋谷のみの期間限定の展示物となります。
渋谷へお越しの際はぜひご覧ください!

【展示情報】
期 間:2017年 3月23日 〜 4月18日
時 間:11:00~22:00
場 所:東京都渋谷区宇田川町23-5 アディダス ブランドコアストア渋谷
連絡先:03-5456-6810

「ドラゴンクエストヒーローズ I・II」PR映像 “リアルイオナズン” の特殊効果に設計制作部が参加!

2017.3.15

スクウェア・エニックス社のNintendo Switch専用コンテンツ、
「ドラゴンクエストヒーローズ I・II for Nintendo Switch」のPR映像“リアルイオナズン”が公開されました。

爆発するスライム達が変形する様子をハイスピードカメラで80倍スロー撮影した本映像で、
設計制作部が担当したのは、スライムたちを下から突き上げる特殊効果機材の制作と操演。

ガスの高圧噴射によって弾を発射するCo2バズーカを9機使用することによって
「ドラゴンクエスト」の爆発魔法“イオナズン”を再現しました。

CG一切ナシのこの映像、実物のシリコン製スライムがはじけ、ねじれ、ぶつかり、
とても肉眼では負えないようなスローモーションでプルプルと踊るさまは必見。
ぜひ御覧ください!

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/KocRT9K_gck” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

Client : SQUARE ENIX Co.,ltd
Agency : Hakuhodo inc.
Production : 東北新社+EPOCH Inc.
Creative Director : 岡本浩志(博報堂)
Planner : 雨海祐介(博報堂)
Planner : 青沼克哉(博報堂)
Producer : 吉田 真(東北新社)
Producer : 稲田史也(EPOCH)
Production Manager : 松村 匠
Director : 新井風愉(ROBOT)
Cinematographer : 田中智仁(TRAVORTA)
Lighting : 友田直孝(Pict)
Production Designer : 斉藤貴教(SUI)
Device Designer : 木村匡孝(TASKO)
Colorist : 平川裕美子(SonyPCL)
Offline Editor : 渡里 剛
Online Editor : 高橋知子(Redhill)
MIXER : 斉藤ゆり恵(Redhill)
SE:吉田朋央