スクランブルスクエア SHIBUYA SKY「TIME RIVER」


2019/11/1オープンの渋谷の新たなランドマーク「スクランブルスクエア」。
その最上階の展望スペース「SHIBUYA SKY」内のコンテンツ製作にTASKO設計制作部が参加しました。

「TIME RIVER」と名付けられたその作品は、4K70インチディスプレイ10台と6本のタッチスティックからなるインタラクティブな映像コンテンツ。大型ディスプレイに投影された時の流れをイメージした映像へ、体験者は床から伸びるタッチスティックを通じて干渉します。まるで時の流れに触れるかのようなその行為によって、今ここにいる自分を改めて意識するというコンセプトの本作品、TASKOは伸縮するタッチスティックの機構設計製作を担当しています。

本コンテンツはもちろんのこと、最新技術を駆使して製作された他の併設展示や、なにより地上230m46階より渋谷の街並みを見下ろすロケーションは必見です。
渋谷へお立ち寄りの際はぜひご体験ください。

PHOTO by KEITA SINYA(ROLLUPst.)

【展示概要】
●住所:東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号(渋谷駅直結・直上)スクランブルスクエア
●場所:46階 SHIBUYA SKY内
●日程:2019年11月1日〜 常設展示
●時間:09:00〜23:00(最終入場22:00)
●HP:https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/

【CREDIT】
クライアント:東急
エージェンシー:Rhizomatiks

TD:KIMURA(TASKO Inc. 設計制作部)
機構設計製作、設営:林立夫(TASKO Inc. 設計制作部)