東アジア文化都市 金沢2018『KANAZAWA SAMPO』舞台製作を担当しました!


『東アジア文化都市2018金沢』が今年、石川県金沢市で開催。
3月2日に行われた開幕式典の記念パフォーマンス『KANAZAWA SAMPO』では、舞台製作を担当しました!

『東アジア文化都市』は、文化芸術イベントなどの実施により、
東アジアの多様な文化を国際発信力をお互いに高めていくことを目指す事業であり、
1年を通じてその都市ならではのイベントや日中韓3か国の共同事業を開催。
今年で5回目を迎える2018年は、金沢市、ハルビン市(中国)、釜山広域市(韓国)が
東アジア文化都市事業を一年を通して実施していきます。

『KANAZAWA SAMPO』は、演出・振り付けに井手茂太、クリエーティブ・ディレクターに菅野薫、
衣装にひびのこづえなど日本を代表するクリエイターたちと12名のダンサーが共演してつくられたダンスパフォーマンス。
TASKOは、金沢駅の鼓門や兼六園の雪吊り、伝統的な和傘などの小道具に
制御されたLEDのライトを仕込み、テクノロジーと伝統が合わさった幻想的な光景を作り出しました。

『KANAZAWA SAMPO』の公式サイトが更新、またYouTubeでは、パフォーマンス映像が公開!
フルバージョンとショートバージョンがあります!ぜひご覧ください。

Full ver. https://www.youtube.com/watch?v=1bzVRmP5cxw
Short ver.https://www.youtube.com/watch?v=f23Z7i128cA

 

 

 

【開催概要】

■東アジア文化都市2018金沢 開幕記念パフォーマンス
伝統から未来へ。「KANAZAWA SAMPO」

クリエーティブ・ディレクター:菅野薫
演出・振付:井手茂太
衣装:ひびのこづえ
音楽:原摩利彦
出演:阿部真理亜、津久井真由、菅谷有紗、鈴木悠華、芝田和、中村優希、水村里奈、垣花克輝、澤村亮、輔田晃、御舩康太、YAMATO

電飾・装置製作/テクニカルディレクター: 木村匡孝 (TASKO Inc. 設計制作事業部)
製作マネジメント・デザイン設計製作: 北澤岳雄 (TASKO Inc. 美術制作事業部)
機構設計・製作: 佐藤方紀、工藤幸平 (TASKO Inc. 設計制作事業部)
デバイス設計・製作: 沖山良太 (TASKO Inc. 設計制作事業部)
製作: 轡あずみ (TASKO Inc. 舞台制作事業部)

「KANAZAWA SAMPO」特設ページ