東京芸術祭2021『移動祝祭商店街 歩く庭』 ー 制作を担当


今年も東京芸術祭が開幕!
芸術祭内のまちなかアートプロジェクト『移動祝祭商店街 歩く庭』が10/9-10/10の2日間開催します。
制作部は本プロジェクトの制作を担当しています。

舞台美術の考え方と技術を使い、まちなかに潜む「景」(五感で感じる景色や情景のこと)を見出しかたちづくる、
舞台美術家コレクティブ「セノ派」によるプロジェクト。
今年は、「truly festive scene(「祝祭の景」)」をテーマに、
豊島区の4つの地域(池袋本町、東長崎、大塚、染井)をトラックで巡り、
そこから集めたまちの景色をもとに、公園内を歩いて巡るインスタレーション作品を公開します。

お散歩気分でぜひお気軽に、ご参加ください。

【開催概要】
『移動祝祭商店街 歩く庭』
by セノ派(舞台美術家コレクティブ)

会期:10/9(土)-10/10(日)
場所:豊島区立東池袋中央公園
事前予約制・参加無料

まちに潜む「祝祭の景」を集めてつくる、未来の「庭」
舞台美術の考え方と技術を使い、まちに「景」を作り出す舞台美術家コレクティブ、セノ派によるプロジェクト。3年目となる今回のキーワードは「truly festive scene」。コロナ禍やオリンピックの開催も踏まえ、あらためて「祝祭」の意味と可能性を探っていく。 出発点となるのは、豊島区内の商店街での「観察」と「収集」。誰かと散歩したり、話を聞いてみたり、ただ目の前の「景」を眺めたり。そこで美術家たちが受け取った「祝祭の景」はトラックに積み込まれ、やがて池袋の公園に「庭」として姿を現す。まちと暮らしをいつもと少し異なる目線、身体感覚で捉えることから、未来の祝祭空間が思い描かれる。

========
[公開プログラム]
各地域で収集した「祝祭の景」をもとに、10/9(土)、10/10(日)に東池袋中央公園にて回遊式の展示作品を公開。
観客はセノ派メンバーによるガイドと共に作品を体験することができます。(要予約)

[日程]
10月9日(土)
10:00/ 11:00/ 13:00/ 14:00/ 15:00  計5回

10月10日(日)
10:00/ 11:00/ 13:00/ 14:00/ 15:00  計5回

※退場時間の指定はありません。ツアー終了後はご自由にお過ごしください。
※各回の定員は10名です。
公開プログラムへの予約方法・詳細は、東京芸術祭公式ウェブサイトをご覧ください。
公式WEBサイト:https://tokyo-festival.jp/2021/program/sceno-ha
========