さいたまゴールド・シアター最終公演『水の駅』 ー 制作助手を担当



12月19日から彩の国さいたま芸術劇場では、さいたまゴールド・シアター最終公演『水の駅』を上演します。
TASKO制作部は、本公演の制作助手を担当しています。

さいたまゴールド・シアターは、2006年に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督だった蜷川幸雄により、
立ち上げられた高齢者劇団。発足して以来、さいたまゴールド・シアターは、プロの俳優とは異なる生活者としての存在感を武器に、人生のリアルを背負って舞台に立ち続けてきました。

結成から15年が経ち、今年8月に解散を発表したゴールド・シアターの最終公演は、気鋭の演出家・杉原邦生氏を迎えて、転形劇場を率いた太田省吾氏の代表作の一つである沈黙劇『水の駅』を上演します。

さいたまゴールド・シアター渾身のラスト公演にどうぞご期待ください。

 


【開催概要】
公演日時:2021年12月19日(日)~26日(日)<全7回>
※開場は開演の30分前
上演時間:120分
会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

作:太田省吾
構成・美術・演出:杉原邦生
出演:石井菖子 石川佳代 大串三和子 小渕光世 上村正子 北澤雅章
佐藤禮子 田内一子 髙橋 清 滝澤多江 竹居正武 谷川美枝
田村律子 都村敏子 遠山陽一 林田惠子 百元夏繪 渡邉杏奴
/井上向日葵/小田 豊
主催・企画・制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

チケット:【全席指定】 一般 4,500円/U-25 3,000円/メンバーズ 4,000円

詳細は、公式webサイトをご確認ください。
https://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/91502/