日本科学未来館「計算機と自然、計算機の自然」


東京・お台場にある日本科学未来館。
2019年11月にリニューアルされた、メディアアーティストの落合陽一氏を総合監修に迎えての新常設展示「計算機と自然、計算機の自然」は、計算機(コンピューター)の作り出す世界と元来の自然との境界がなくなるであろう未来において、我々の抱く世界観や自然観とはどういったものなのか? という問いを、さまざまな手法を通じて鑑賞者へと投げかける意欲的なものとなっています。
20以上にもなるコンテンツの中、TASKOはその約半数における造作・機械・システム等の設計制作を担当し、計算機と自然が作り出す「大きな自然」を体感する、という極めて挑戦的な展示企画の具現化を成功させました。
こちら常設展示となっております。お台場へお越しの際はぜひご体験ください。

*TASKOが参加した展示としては5階の常設展示「100億人でサバイバル」も絶賛展示中です。こちらも併せて御覧ください!

【展示概要】*詳細は公式HPよりご確認ください。
住所:所在地: 東京都江東区青海2-3-6
場所:日本科学未来館 3階「未来をつくる」
電話:03-3570-9151(代表)
展示期間:2019年11月14日〜常設
開館時間:10:00~17:00 ※入館券の販売は閉館30分前まで
休館日:火曜日 *年末年始(12月28日~1月1日)
入館料:大人(個人):630円 子供(個人):210円 *常設展料金
公式HP:https://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/future/

【クレジット】
TD・什器/機構設計製作・施工:KIMURA(設計制作部)
PM・什器/機構設計製作・施工:佐藤方紀(設計制作部)
什器/機構設計製作・施工:渡辺華代(設計制作部)
PM補佐・施工:王 璟怡 (設計制作部)
システム設計実装、機構設計製作、施工:成田敬(設計制作部)
システム設計実装、施工:沖山良太(設計制作部)
音源制作、什器/機構製作、施工:林立夫(設計制作部)
システム設計実装・プログラミング、施工:織田洋介(デザイン&WEB事業部)
映像制作、什器/機構製作、施工:工藤幸平(設計制作部)
画像解析:鈴木健太(設計制作部)
什器/機構製作・施工:坂田亮一、大井直人、長原聡磨、猪又亮(設計制作部)
施工:田井地直己(プロデュース事業部)、髙木健太郎、永瀬二郎、梅川純平(設計制作部)

システム設計実装・プログラミング、施工:堀尾寛太(Ponoor Experiments Inc.)、斉田一樹(木下研究所)
プログラミング、施工:新美太基
システム実装・施工:井手優介
什器設計/製作:山本俊一(山本製作所)
CADオペレーター・だるまデザイン:坂川拓真(riversault)
3Dデザイン・出力: 川本尚毅(N&R foldings japan)
什器/機構製作・施工:宮路雅行
MIDIデータ製作:斎藤拓郎(Yasei Collective)