「Higatrec(ヒガトレック)」 一般向け販売開始!


TASKOが検討段階から開発に参加し、ラスベガスで行われた世界最大のデジタル機器のイベント「CES」において2020年のイノベーションアワードを受賞したIoTウエイトトレーニングマシン、「Higatrec(ヒガトレック)」。
https://tasko.jp/works/design-engineering-works/ces2020/

その後もアップデートを重ねた結果、とうとう先日一般向け販売が開始されました。

商品の概要としてはスミスマシンという種類のトレーニングマシンですが、Iotの利点を活かして蓄積されたログから結果や方針を分析できるほか、スミスマシンに付きもののプレート(円板状のウェイト)がないためその取り替え作業や置き場も不要。
トレーナーやサポートなしでも一人で安全なトレーニングが可能です。

そして最も大きな特徴としては、従来のマシンでは不可能だった変則的な負荷の掛け方が可能となっています。
例えば若い男性には100kgの負荷、年配の女性には40kgの負荷。または軽い負荷を徐々に重くしていくなど、機械制御のHigatrecではユーザーごとの筋力や状態に合わせたトレーニングが可能です。

また、監修者のトレーナー比嘉一雄氏の「100%の出力が最大の効果を生む」というメソッドに基づくことで短時間でも大きな効果が期待できます。
各ユーザーごとの「100%」を引き出せるHigatrecによって、誰でも手軽にこのメソッドへ取り組めるようになりました。

興味はあってもなかなか試す機会がなかった本装置ですが、このたび都内の以下施設にて体験が可能となりました。
ALL YOU NEED IS
b-monster 羽田空港スタジオ

次世代のワークアウトマシン「Higatrec」。
販売が開始されたこの機会に、ぜひ一度ご体験ください。

【Higatrec credit】
TD、機構設計製作、施工:林民夫(設計制作事業部)
グラフィックデザイン:織田洋介(デザイン&WEB事業部)
デバイス基礎設計、基礎開発:沖山良太(設計制作事業部)