フェスティバル/トーキョー18『ボンプン・イン・トーキョー』の制作をお手伝いをしています!


フェスティバル/トーキョー18 公式プログラム
アジアシリーズ vol.5 トランス・フィールド『ボンプン・イン・トーキョー』が北千住BUoYで開催!
美術制作部は、制作のお手伝いをしています。

カンボジア・プノンペンの郊外で、若者を中心に3日間で14万人を動員する「ボンプン(ビレッジ・フェスティバル)」。
そのプロデューサー、ローモールピッチ・リシーのディレクションで、カンボジア・カルチャーの「いま」を東京に届けます。
同国の平均年齢は24歳。若者文化が社会を席巻する一方、急速な近代化とポル・ポト政権時代の弾圧により、
伝統芸能の担い手は激減、その継承が危ぶまれています。
本企画ではローモールピッチによるレクチャー、映像上映、現地の人気バンドによる音楽ライブに加え、伝統舞踊なども紹介、
現代文化と伝統芸能が隣り合うビビッドな状況を会場に再現します。

カンボジアカルチャーの”いま”を体験できる120分!
ぜひ、ご覧ください!

【開催概要】
アジアシリーズ vol.5 トランス・フィールド『ボンプン・イン・トーキョー』
日程:11/10(土)19:00~、11/11(日)18:00~
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前
会場:北千住BUoY
上演時間:120分(予定)

チケットなど、詳細は公式サイトへ>>https://www.festival-tokyo.jp/18/program/bonnphum