『国際舞台芸術ミーティングin横浜2019』の制作をお手伝いしています!



TPAM (ティーパム、国際舞台芸術ミーティングin横浜)が2月9日から17日まで開催中!

TPAMは、
①アジアと世界の舞台芸術の最新動向を伝える公演プログラム
②国内外の重要フェスティバル・劇場・芸術文化団体から数百名の舞台芸術関係者が集まる交流プログラム
③日本の新人アーティストにとって観客開拓・海外公演のチャンスとなる公募プログラム
の3つのセクションから成る、世界有数・国内唯一の国際的舞台芸術プラットフォームです。1995年に「芸術見本市」として東京で開始し、今回が第23回、横浜に会場を移してからは9回目の開催となります。多様なバックグラウンドのディレクターと協力して作られる公演プログラム「TPAMディレクション」には、アジアと世界の舞台芸術シーンの最新動向を反映する作品やプロジェクトが並びます。
TASKO美術制作部は、TPAMディレクション作品の内、以下4作品の制作を担当しています。

『退避』ワーク・イン・プログレス 公開ワークショップ 
タナポン・ウィルンハグン
会場:KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
日程:2月10日 ~ 12日
公演詳細はこちら

『神秘のライ・テク』 
ホー・ツーニェン
会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
日程:2月12日 ~ 13日
公演の詳細はこちら

『不産主義』 
テーリ・テムリッツ
会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
日程:2月15日
公演の詳細はこちら

『暴力の星座』 
イルワン・アーメット
会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
日程:2月17日 19:00~
公演の詳細はこちら

そのほか、様々なプログラムやステージが開催!詳細はTPAM2019公式サイトをご覧ください!
公式サイト:https://www.tpam.or.jp/2019/

【開催概要】
国際舞台芸術ミーティングin横浜 (TPAM2019)
会期:2019年2月9日(土) ~ 17日(日)
主な会場:KAAT神奈川芸術劇場、Kosha33(神奈川県住宅供給公社)、横浜市開港記念会館、象の鼻テラスなど
主催:国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2019 実行委員会
(国際交流基金アジアセンター、公益財団法人 神奈川芸術文化財団、
公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、PARC – 国際舞台芸術交流センター)