あそビバ!まなビバ!Fun Fun スクール しながわ校 開校!


 

 

7月1日に『あそビバ!まなビバ!Fun Fun スクール』 がしながわで開催されました。
各文化・ジャンルで活躍するアーティストが先生になって普段の学校とは
異なる授業を体験できるFunFunスクールには、たくさんのこどもたち、ご家族にご来場いただきました。
TASKO美術制作部は、企画から運営までお手伝いしました。

ここでは、当日の様子を少しご紹介します。
会場は、品川区大井町にあるきゅりあん小ホール。会場のロビーでは、逆上がり体験会や品川職人さんの折り紙ワークショップ、
音楽の授業でつかう簡単楽器作りワークショップと各ブースが並び、常に賑わいをみせていました。

イベントの前に、しながわエンタ部さんによるダンスが披露され会場は盛り上がった中で『Fun Funスクール』はスタート。
朝礼の5GAP久保田・苑未さんによる『お笑いヨガ』、落語家・桂茶がまさんによる『寿限無』と、子どもたちもステージにあがり、
一緒に体験しながら学んでいました。

  

今回のメイン授業である理科の授業は、松延康先生による光の三原色をテーマにした科学実験!
松延先生はテレビや全国の小中学校で授業・サイエンスショーを行なっている人気の先生です。
今回は子どもたち1人ずつに配られたLEDライトと紙コップを使い、三原色の仕組みについて授業が行われました。
ステージの上に上がってみんなでライトを重ねてみたり、暗闇の会場で3色の光が浮かび上がった光景に子どもたちが目を輝かせていたり、
FunFunスクールでは座学だけでなく、みんなで学ぶからこそ楽しめる授業になりました。

 
 
体育の授業『スゴ技が続々!大道芸にチャレンジ!』では、大道芸人・ものまるさん、アクロバットマジシャンの 中村星哉さん、
なわとびプレイヤーの生山ヒジキさんと3連続パフォーマンス。生山さんはなんとなわとびギネス保持者で、みたことない技の連発に
子どもたちも大興奮!
 

最後の授業は、シンガーソングライター・宮﨑薫、作曲家・川本盛文、シンガー・持田浩嗣の3名のミュージシャンによる音楽ワークショップ。作曲・歌詞など音楽のつくり方をワークショップ形式で授業でした!

朝礼からホームルームまで計6授業12名のアーティストによるFun Funスクール しながわ校は無事に終わりを迎えました。
FunFunスクールは、まちの企業・団体と協力して、子どもたちの遊びと学びの場所を様々な街で継続的に展開していたいと考えています。
また、開催する際はFunFunスクールのFacebookページから発信していきます。

【開催概要】
『あそビバ!まなビバ!Fun Fun スクール しながわ校』
開催日:2018年7月1日(日)
時間:13:00〜17:00(予定) 12:30開場
場所:品川区立総合区民会館 きゅりあん 小ホール
WEB:https://www.facebook.com/events/213476149437116/

入場無料、途中入退場OK、全席自由

主催:Fun Fun スクール しながわ校実行委員会
運営・制作:株式会社スラップショット、TASKO inc.
協力:ハッピーエナジー 株式会社、体育指導のスタートライン、株式会社コルグ
大崎ニュー・シティー、株式会社ループ、YouTube キッズ童謡チャンネル
後援:しながわ観光協会、品川区商店街連合会、東海道品川宿なすびの花、
品川区教育委員会、公益財団法人 品川文化振興事業団、東京商工会議所