東京芸術祭2018『ダーク・サーカス』の制作をお手伝いをしています!


「いらっしゃい、いらっしゃい、不幸になりにいらっしゃい!」
アブないサーカス団の一夜限りの公演を描く、圧巻の超ローテク・お絵かきパフォーマンス!
東京芸術祭直轄プログラムである、ステレオプティックの『ダーク・サーカス』が開演!
美術制作部は、本公演の制作のお手伝いをしています。

いかにもさびしげな町に、突如巨大な怪しいサーカス小屋が出現。空中ブランコ乗りは手を滑らせ、
猛獣使いは猛獣に追われ・・・。アブないサーカス団の、一夜限りの公演。だがある芸をきっかけに、
その不幸な運命が逆転する瞬間が訪れる・・・。

一人は、木炭画、砂絵、水絵、影絵、アニメーションなどさまざまな手法を使ってイメージを作り、
それがOHPプロジェクタで大スクリーンに投影される。もう一人は、いくつもの楽器を同時に生演奏をする。
二人のパフォーマンスと、スリリングでブラックユーモアたっぷりの物語に、私たちは目が離せなくなること間違いなし!

世界各地で絶賛を浴びる話題作が日本初公演です!ぜひ劇場でご覧ください。

 

【開催概要】
『ダーク・サーカス』
作・出演:ステレオプティック (ロマン・ベルモン、ジャン=バティスト・マイエ)
原作:ペフ

日程:2018年10月27日(土)13:30~ / 28日(日)13:30~、18:30~ / 29日(月)16:00~
上演時間: 約55分
場所: 東京芸術劇場 B1 シアターウエスト
料金: 一般3500円
U29 2000円
当日各チケット料金+500円

詳細は公式サイトへ>>http://tokyo-festival.jp/2018/program/1703/