サンガツ『演奏 Ⅰ』-制作を担当


1月に渋谷WWWで久しぶりの東京公演を行ったサンガツ。
ご縁あって、京都のライブハウス「外」での公演が決定しました。
美術制作部は制作として緩やかに同行しています。

なんと京都では8年ぶりの公演。
お近くの方、ちょうど近くに行くよーという方、もちろん遠方の方もぜひ。

「外」はバンド・空間現代の運営するすこぶる魅力的なライブハウス。
密度の高い空間と時間を7人のメンバーでお届けします。

チケット絶賛発売中。

サンガツ『演奏 I 』
6/15(土)  open 18:30 / start 19:00
6/16(日)昼 open 14:30 / start 15:00
6/16(日)夜 open 18:30 / start 19:00
adv.3,000円 door.3,500円
*学生証提示で予約・当日ともに2,500円
http://soto-kyoto.jp/event/190615-16/
—————————————————-
4つのドラムと2つのギターと1つのベース。
あるいは、
ただそこにある7つの身体。

ダブルドラムのインストバンドとしてスタートしたサンガツは、メロディとリズムを排し音の形と動きにフォーカスした第二期を経て、今また、新しい季節を迎えています。
それは音を出すことの特権性から音楽を放し、もういちど遊びの場所から音楽の文法を作り直すことでもあります。

8年ぶりの京都でのライブ。新曲を交えたこの日限りのセットをもって臨みます。
ぜひ目撃ください。