第68回さっぽろ雪まつり×札幌国際芸術祭2017 『トット商店街』、『札幌ループライン』に設計制作部・美術制作部が参加



©岸野雄一/黒柳徹子/札幌国際芸術祭2017

今年で68回目を迎える北海道の風物詩「さっぽろ雪まつり」。
大通公園5丁目会場では3年前から、大雪像をステージにパフォーマンスを行うプロジェクトが展開されています。
2017年は、この夏に開催される「札幌国際芸術祭」が公式プログラムとしてこのプロジェクトを制作し、
『正しい数の数え方』でTASKOがご一緒している、岸野雄一さんが芸術監督を務めます。

新作公演はその名も『トット商店街』。
テレビの歴史を体現している女優、黒柳徹子さんの姿をした天女が、巨大な街頭テレビを携え、
商店街に舞い降りている大雪像がパフォーマンスの舞台となります。
影絵、アニメーションを駆使したステージが、日本の四季を軽やかに詠う音楽とともに札幌の夜を彩り、
なんとナレーションにはトットちゃんこと黒柳徹子さんがご参加下さっています。

パフォーマンス公演の合間には、メディアアーティストのクワクボリョウタさんの技術協力による
『札幌ループライン』も上映。ライブで作り出される影の風景は、岸野さん監修のもと、
長らく札幌市民の足となり、2015年にループ化された市電をモチーフとしています。

この大雪像+パフォーマンスの制作、クワクボさんの製作協力として美術制作部と設計制作部が参加しています。

野外、雪、寒さ、200万人の入場者、初めてづくしの環境ですがキュートでロマンチックな作品を札幌の夜にお届けします。
みなさまのご来場をお待ちしております。

ーー

【開催概要】
第68回さっぽろ雪まつり×札幌国際芸術祭2017
《トット商店街》
日時:2016年2月6日(月)〜12日(日)
毎日17:00- 18:00- 19:00- 20:00- の4 回公演(各回約15分)
会場:大通公園西5丁目『トット商店街』特設ステージ

芸術監督:岸野雄一

語り手:黒柳徹子

出演:岸野雄一、ジョン(犬)
音楽:海藻姉妹
影絵:戸井安代
雪像・キャラクターデザイン:梅村昇史

振付:東野祥子
衣裳:桐山阿弓
音楽協力:岡村みどり
アニメーション協力:中村由尚、薩摩浩子、円香、田端志津子
ソプラノ:安川みく
影絵人形製作:北澤岳雄(TASKO inc.)
小道具製作:加藤小雪(TASKO inc.)

舞台監督:寅川英司
舞台監督助手:田中千鶴
照明:髙田政義(RYU)
音響:小内弘行((株)ジョイサウンドプロモーション)
映像:竹内康晃(Take One)、杉山慎一郎(SphinkS)
ミックス:葛西敏彦
録音:馬場友美
効果音:佐藤咲月
制作:小森あや(TASKO inc.)

共同制作:札幌国際芸術祭実行委員会
雪像制作:さっぽろ雪まつり大雪像制作委員会第1雪像制作部会

協力:株式会社プリズム、RYU、TASKO inc.
主催:さっぽろ雪まつり実行委員会/札幌国際芸術祭実行委員会

《札幌ループライン》
監修:岸野雄一
技術協力:クワクボリョウタ
音楽:海藻姉妹
製作協力:木村匡孝 、北澤岳雄、工藤幸平、小森あや(以上、TASKO inc.)
アシスタント:浅野陽子、櫻田純菜、渡辺栞
※各公演の前後に約4分間の映像作品を繰り返し上映します。