*APRIL 20th→日本科学未来館 新展示「100億人でサバイバル」ZONE2製作を担当。


P_0644

RELEASE DATE: April.2016
PRODUCT: INSTALLATION / MACHINE / DEVICE / PROGRAMMING
CLIENT: 日本科学未来館
PROJECT: 日本科学未来館 2016年4月リニューアルオープン 常設展 「100億人でサバイバル」
総合監修: 毛利衛(日本科学未来館館長、宇宙飛行士)
監修: 押谷仁(東北大学大学院医学系研究科 教授)、岸本充生(東京大学公共政策大学院 政策ビジョン研究センター 特任教授)
田近英一(東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授)
設計・制作施工:株式会社乃村工藝社
空間デザイン、コンテンツ制作:デンバク ファノ デザイン
地球システムモデル デザイン、製作: TASKO
グラフィックデザイン: 氏デザイン株式会社
企画・制作: 日本科学未来館

TASKO’ WORK:「100億人でサバイバル」ZONE2製作
Corporation: KANTA HORIO / KENICHI TAKAHANA
TASKO: KIMURA / MASAKI SATO / KOHEI KUDO / RYOTA OKIYAMA / TATSUO HAYASHI / KAYO WATANABE / AMI TAKAHASHI / RYOICHI SAKATA / NAOKI TAICHI
LINK: 日本科学未来館 100億人でサバイバル

「壮大なボールサーカス」

日本科学未来館 リニューアルオープン!
その常設展「100億人でサバイバル」内 ZONE2の設計、製作をTASKOが担当しました。

本展示は技術の進歩や環境の変化により起こる社会と地球の問題を可視化しています。

TASKOが制作したZONE2は人類を取り巻くハザードの正体を見ぬくため、
壮大なボールサーカスを用い、私たちを脅かすハザードの本質をイメージします。

国内最高峰のボールサーカスをぜひとも御覧ください!
– TASKO設計制作事業部 工場長 KIMURA

P_9951

■ CREDIT:
展示開催場所: 日本科学未来館 5階「世界をさぐる」内「100億人でサバイバル」ZONE2
アクセス: 東京都江東区青海2-3-6
開催期間: 2016/4/20〜(10:00 – 17:00) *常設展