森永製菓チョコボール 新おもちゃのカンヅメ&新CM発表会 をお手伝いしました


2017/7/3に行われた「森永製菓チョコボール 新おもちゃのカンヅメ&新CM発表会」に

特製オブジェ『しゃべる!金のエンキョロちゃん缶』が登場しました。

TASKOはこのオブジェの製作監修とタッチセンシングデバイスの開発および実装を担当いたしました。

発表会で遠藤憲一さんが登壇された際にサプライズで登場した「しゃべる!金のエンキョロちゃん缶」は

『なでるとしゃべる!金のキョロちゃん缶』と同様に撫でるとしゃべる機能が付いており、遠藤憲一さんに
生き写しの顔部分を撫でるとご本人の渋い声でしゃべり出します。
登場後には遠藤憲一さんが撫でることで本人同士の掛け合い会話となり、会場に大きな笑いが起こりました。

金のエンキョロちゃん缶は入手できませんが、チョコボール50周年記念のおもちゃのカンヅメ

『なでるとしゃべる!金のキョロちゃん缶』は森永製菓チョコボールで当たります!
チョコボールを食べて「金なら1枚、銀なら5枚!」のエンゼルのくちばしを当てて、カワイイ声で
たくさんしゃべってくれる『なでるとしゃべる!金のキョロちゃん缶』をゲットしてください。
**
  • オブジェ製作監修、開発ディレクション: 林民夫(TASKO inc. 設計制作部)
  • デバイス製作、実装: 沖山良太(TASKO inc. 設計制作部)